記事詳細

【デビュー10周年 ジェロ演歌の心】J-POPに興味はない、僕には演歌しかない 10周年も通過点 (2/2ページ)

 そう言うと、ニヤリと笑ったが、自身を分析すると「割とシャイです」という。

 「きっと『明るくて、フレンドリーだろう』と思われているでしょうが僕は違うんです。あまり目立ちたくないんで…。『意外だ』ってよく言われます。あまり外で飲んだりしないし、しても友人と一緒なので出会いもあまりないです。ほんと、モテないですよ」

 10周年という年は節目だが通過点に過ぎない。

 「アメリカ人演歌歌手が今もまだ演歌を歌い続けることができているのがうれしいですよ。そして今でも演歌が好きだって思いは変わっていません。この10年もいろんな勉強をさせてもらいましたが、これからも『ジェロっていいな』って思ってもらえるような歌手になるため、学んでいきたいですね」

 演歌を思う熱い心は揺らぐことがない。(福田哲士)

 ■ジェロ 演歌歌手。1981年9月4日生まれ、36歳。米ピッツバーグ出身。「NHKのど自慢」などで注目され、2008年2月、「海雪」でデビュー。同年、「第50回日本レコード大賞」で最優秀新人賞を受賞し、NHK紅白歌合戦にも初出場を果たした。現在はミュージカルなどにも挑戦し、活動の場を広げている。

 デビュー10周年を記念したベスト盤「BEST&MV」(ビクター)が発売中。27日には東京・下北沢の「下北沢GARDEN」で「下北沢演歌~下北沢からENKAを世界へ~vol14」を開催する。問い合わせは公式ファンクラブ((電)03・5860・0506)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう