記事詳細

【元文春エース記者 竜太郎が見た!】佐川氏証人喚問で“爆弾発言”出るのか 「訴追の可能性」で証言拒否も (2/2ページ)

 ところが、安倍首相が「私や妻が関係していたら総理大臣も国会議員も辞める」と答弁したから、さあ大変。佐川氏は国会で「学園との交渉記録を破棄した」などと嘘を重ねるはめに。佐川氏の国会答弁と、決裁文書の整合性を取るため書き換えられたという認識の上、麻生太郎財務相は「財務省の一部の職員がやったこと」「最終責任は佐川」と詰め腹を切らせる形となった。

 一方で野党は、安倍首相夫妻との“関与”を引き出そうと必死だ。とはいえ、文書改竄と森友の疑惑は本来別の事件である。いずれ検察当局の捜査によって真相は明らかになるだろう。その前に窮鼠となった佐川氏の今後の発言に注目したい。

 ■中村竜太郎(なかむら・りゅうたろう) ジャーナリスト。1964年1月19日生まれ。大学卒業後、会社員を経て、95年から文藝春秋「週刊文春」編集部で勤務。NHKプロデューサーの巨額横領事件やASKAの薬物疑惑など数多くのスクープを飛ばし、「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」の大賞受賞は3回と歴代最多。2014年末に独立。16年に『スクープ! 週刊文春エース記者の取材メモ』を出版。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう