記事詳細

【板垣眞理子 LA発 芸能Watch】オスカー史上最年少の主演男優賞候補が演じる同性愛「君の名前で僕を呼んで」27日公開 (2/2ページ)

 大人への通過点とも言える多感な情感を見事にとらえたのはエリオ役の22歳のティモシー・シャラメ。オスカー史上最年少の主演男優賞候補に。同作品賞候補の「レディ・バード」にも出演の注目の新鋭だ。

 オリヴァー役は、監督が「ソーシャル・ネットワーク」以来の大ファンというアーミー・ハマーで、彼の魅力再発見といえる。

 監督自身、本作を「同性愛と言うより、自分の10代の夢への回顧で、家族や思いやりの物語」とし、偏見抜きで、新しく芽生えた欲望の美しさを描きたかったと語っている。

 関係に気づきながら2人を見守る父親。息子に語る言葉の深さに打たれる。父を演じるマイケル・スタールバーグは「シェイプ・オブ・ウォーター」などにも出演の売れっこの名脇役だ。

 原作では20年後に2人が再会することになっていて、続編が企画中という。しかし今は、甘く切ない青春物語の余韻に浸っていたい。(板垣眞理子)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース