記事詳細

AKB初センターの小栗にまゆゆがメッセージ「自信をもって堂々と」 チーム8全国ツアーin名古屋 (1/3ページ)

 AKB48チーム8が4月29日、名古屋市の日本ガイシホールで「TOYOTA presents AKB48チーム8 全国ツアー~47の素敵な街へ~チーム8結成4周年記念祭in日本ガイシホール しあわせのエイト祭り」を開催。昼・夜の両公演に計1万4000人のファンが集まった。

 結成4周年を迎えたチーム8。「会いに行くアイドル」の活動として、2014年12月の石川県から始まった全国ツアーは名古屋で35カ所目となった。この日は入場時に4周年にちなんだ“チーム8オリジナル・しあわせの四つ葉のクローバー”をメンバーが来場者全員に手渡すサービスを実施。ファンはもちろん、メンバーもファンとのふれあいを喜んだ。

 恒例の長すぎる前座から始まった昼公演。愛知県といえば「しゃちほこ」ということで、愛知県代表の歌田初夏(15)のしゃちほこ逆立ちが決まったところでコンサートがスタートした。1曲目はSKE48の「オキドキ」。出だしからステージは大盛り上がりとなった。

 冒頭のMCでは、倉野尾成美(17、熊本県代表)が「4年前を思い出すと、そのころのイベントではなかなか人が集まってくれなくて、ここのブロックの3列分くらいしか人がいなかったのに、この景色を見ると変わったな~と思って、すごいうれしいです」と述べ、集まった7000人のファンに感謝を伝えた。

 ユニットコーナーでは「嘘つきなダチョウ」でバズーカ、「フィンランドミラクル」では人見古都音(17、岡山県代表)が真っ二つに切られるマジックに挑戦。この日が初お披露目となった伊藤きらら(13、福島県代表)と立仙愛理(19、高知県代表)は「となりのバナナ」でトロッコからのバナナを配布した。まさにチーム8らしい多彩な演出でコンサートを盛り上げた。

 続いてはチームダンス、チームアダルト、チームキュートにわかれてのパフォーマンスが繰り広げられた。横山結衣(17、青森県代表)振り付けの「従順なSlave」(チームダンス)や、セクシーな衣装とダンスで魅せるSDN48の「やりたがり屋さん」(チームアダルト)、坂口渚沙(17、北海道代表)がセンターを務めた「永遠プレッシャー」(チームキュート)など、チーム8の幅広い表現力で観客にアピールした。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース