記事詳細

【シネマパラダイス】黒人差別と暗殺の歴史をたどる「私はあなたのニグロではない」

 トランプ政権スタート直後の全米でヒットしたドキュメンタリー映画だ。公民権運動家だった黒人作家、ジェームズ・ボールドウィン(1924~87年)の未完の原稿を元に、ラウル・ペック監督が人種差別と暗殺の歴史をたどっている。黒人俳優サミュエル・L・ジャクソンのナレーションが力強い。上映時間93分。12日公開。

 57年。ボールドウィンは黒人として初めて米南部の高校に入学した少女の写真に衝撃を受け、差別の激しい南部を旅する。黒人差別の実態を記録し、時の司法長官であるロバート・ケネディと会談し、講演を重ねる。その間に黒人運動家のメドガー・エヴァース、マルコムX、キング牧師が暗殺される…。

 【ホンネ】黒人差別の歴史をたどりながら、実は映画で黒人がどう描かれてきたかの歴史にもなっている。映画の黒人像は白人にとって都合のいいもので、先入観や無知こそが差別の核心と言っている。(映画評論家・おかむら良)★★★★

 ★5つで満点

zakzakの最新情報を受け取ろう