記事詳細

【元文春エース記者 竜太郎が見た!】あぶり出される山口達也“裏の顔” 過保護にしてきたNHKの“異常ぶり” (2/2ページ)

 「週刊文春」時代のわたしもそのとき現場にいたが、くだんの記者はサッカーの試合かと思うほど広報マンの徹底的なマンマークにあっており、「変なこと書くな」「なにやっているんだ」としつこく言われていた。実はわたしも、職員から同様の不当な扱いを受けており、客観的にみて異様な状況だった。

 ジャーナル機関であるにもかかわらず、ジャーナリストを拒否するNHK。一方、ジャニーズ事務所のタレントのみを出演させる番組を設けながら、不偏不党の放送を掲げていること自体、それがまったく意味を持たない言葉だとわかる。

 “みなさまの受信料”からなる公共放送でさえ一部の芸能事務所のために動き、厄介者を排除するのだから、ほかのメディアについては説明する必要もないだろう。今回のTOKIO山口事件はそんなメディアの転換期になるのだろうか。

 ■中村竜太郎(なかむら・りゅうたろう) ジャーナリスト。1964年1月19日生まれ。大学卒業後、会社員を経て、95年から文藝春秋「週刊文春」編集部で勤務。NHKプロデューサーの巨額横領事件やASKAの薬物疑惑など数多くのスクープを飛ばし、「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」の大賞受賞は3回と歴代最多。2014年末に独立。16年に『スクープ! 週刊文春エース記者の取材メモ』を出版。

zakzakの最新情報を受け取ろう