記事詳細

オードリー若林×弘中アナの不思議な魅力で人気 「激レアさんを連れてきた。」が面白い! (1/3ページ)

 深夜帯で注目を浴び、昨年10月からリニューアルして激戦の午後11時台に進出したバラエティー「激レアさんを連れてきた。」(テレビ朝日系)。毎回、これでもかというぐらい濃厚なキャラの“激レアさん”が登場し、彼らが体験した常識では考えられないような珍エピソードに独特の目線で迫っていく人気番組だ。またこの番組のもう1つの魅力は、研究員こと、オードリー・若林正恭(39)と研究助手、弘中綾香アナウンサー(27)が見せる絶妙なやり取り。特に弘中アナはこの番組に出演以来、人気が急上昇。「ミュージックステーション」(同局)では見せないキュートな一面を披露し、視聴者を釘づけにしている。そこでzakzakは面白コンビ、若林×弘中アナとの対談を企画!その様子を2回に分けて紹介していく。番組を通して発見したお互いの意外な素顔とは?(zakzak編集部)

<番組がスタートして、半年以上が経ちましたね>

若林正恭(以下、若林)「結構、いろんな人から聞かれるんですよ。『ああいう面白い人、どうやって探してんの?』とか『番組の中で初めて会ってんの?』とか。他の番組とは違う反応がありますね」

弘中綾香(以下、弘中)『私は、おじいちゃんとおばあちゃんがすごくほめてくれます。『あれが、いつもの綾ちゃんだね』って(笑)」

若林「そうなんだ(笑)」

弘中「割と、年齢層が高い方から『見てるよ』って言われたり、ほめられることが多いかもしれません。その反応は新鮮でした」

若林「確かに、弘中ちゃんのことはよく聞かれますね。どういう子なのって。たぶん『ミュージックステーション』とキャラが違うからなんでしょうね(笑)。みんな興味があるみたい」

弘中「皆さん、そんな風に思ってるんですね(笑)」

若林「それと、ボードにパネルを貼ったり、工作みたいなものが出てきたり、最近珍しいぐらいアナログじゃないですか。だから、どうやって作っているのか気になるみたいですね。業界の人は特に」

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース