記事詳細

【壇蜜のもっとハァハァしてる?】フサフサの毛と別れて、今では「ツルリ」と… (1/2ページ)

★其ノ弐百四拾 

 「たからげ」という言葉をご存じでしょうか。「たからけ」とも読むそうで、「宝毛」と書きます。体の一部に生えてくる透明や白い毛のことで、縁起がいいとされます。福毛(ふくけ)という言い方もあります。

 顔周りや腕、足など生えてくる場所もさまざま。宝や福と呼ばれるルーツは、大仏様の額にある白毫(びゃくごう)と呼ばれるほくろのようなかたまりが、長い毛でできていることから、「周囲よりもやたらと長い毛が生えている」=「大仏様みたいで縁起いい!!」と考えられるようになったのだとか。

 私には20代半ばまでその宝毛がありました。白っぽいような、金髪っぽくも見えるようなフサッとした毛の群れでした。しかものどのあたりに。

 妙に主張が強く、盛り上がるような毛の群れを見た方は「すごいね。宝毛じゃん」と前向きに評価してくださることもあれば、「何だか、ヤギっぽいね」と笑う方もいました(特に子供時代に。子供目線では変な毛だったようで)。

 私としては当時大好きだったチョーカーが、何となく毛が邪魔でしにくいな…ぐらいには気にしていたものです。のどの中心に居座られていたものですから。

 しかしテレビでも人気のタレントさんが「私すごい長い毛が1本あるんですよぉ」と堂々と話しているのを聞いて、そのタレントさんを好きだったこともあり、「まぁ、生やしとこうかな」と思っていました。

zakzakの最新情報を受け取ろう