記事詳細

“激レアさん”対談! オードリー若林「激レアさんはブレーキが壊れている」 弘中アナが番組に抱く願望とは? (1/3ページ)

 テレビ朝日で放送中の「激レアさんを連れてきた。」が人気だ。毎回、これでもかというぐらい濃厚なキャラの“激レアさん”が登場し、彼らが体験した常識では考えられないような珍エピソードに独特の目線で迫っていくバラエティーだが、この番組のもう1つの魅力は、研究員こと、オードリー・若林正恭(39)と研究助手、弘中綾香アナウンサー(27)が見せる絶妙なやり取り。この番組に出演するようになってから、弘中アナの人気もうなぎ上りだ。そんな2人をzakzakが突撃取材!収録現場にお邪魔し、若林と弘中アナに激レアさんの魅力や収録秘話などについて話を聞いてきた。弘中アナがこの番組に抱く意外な“願望”とは?(zakzak編集部)

<これまでに、個性豊かな“激レアさん”たちが登場しましたが、皆さんに共通している点はどん

なところだと思いますか?>

若林正恭(以下、若林)「全員、ブレーキが壊れていますね。リスクとかを考えずに、とりあえず1回やってみるんですよ。そして、どエラい目に遭う人が多い(笑)。危ないから止めようって思わなかったのか聞いてみると、みんなピンと来ていない顔をするんですよ」

弘中綾香(以下、弘中)「皆さんめげないし、自分を曲げないですよね。私は、収録前に激レアさんと打ち合わせをするんですけど『あ、それは違います』『そのときは、そんなに酔っ払ってません』とか、はっきりと間違いを指摘されます。『そうですよね~』って言いながら台本を修正することも多いですね(笑)。一本芯が通っている方が多いような気がします」

<激レアさんと接するときに心掛けている点は?>

若林「人間が濃いからなのか、皆さんしゃべるのが上手い」

<皆さん、全然緊張されていないですよね>

若林「自分がやってきたことに比べたら、スタジオに来てしゃべるなんて大したことじゃないんですよ。話が面白いし、弘中ちゃんのプレゼンで助走もついているから僕が心掛けることは何もないです。むしろ、スタッフさんたちがブレーキを踏んでいるかも。それぐらい激レアさんたちの人生は過激なんです(笑)」

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース