記事詳細

神谷えりな、旅館の若女将になって幼馴染と再会「ちょっと危ない関係に」

 アイドルグループ「仮面女子」の神谷えりな(26)がこのほど、東京・秋葉原のソフマップアミューズメント館で6作目のブルーレイ&DVD「おとななえりな」(ラインコミュニケーションズ)の発売イベントを行った。

 「私が若女将として旅館で働いておりまして、そこに幼馴染がやって来て、久々の再開を果たし、そこからちょっと危ない関係がシチュエーションごとに描かれています」1メートル52、B86W58H84のGカップボディーを、新調したというレインボー柄の水着に包み登場した神谷は、1月に伊豆で撮影されたDVDをこう紹介した。

 さらに「夜のシーンで、雰囲気のある紫のコルセットを着ているところが、衣装的にも好きで、見せすぎないけど、すごいセクシーでお気に入りです。和装がすごい大好きで、仮面女子の担当カラーでもあるピンクの着物を用意してもらって、すごく嬉しかったです」とアピール。

 この日は、4月に歩行中に強風で倒れた湯島聖堂(東京都文京区)の木製案内板の下敷きになり、脊髄損傷で両下肢まひとなった同メンバーの猪狩ともか(26)について言及し、「今後、けがの状態がどうなるかは分からないけれど、彼女の戻ってくるステージをずっと守り続けたい。『仮面女子を好き』と言ってくれた彼女の気持ちもあるので、それを守り続けたいなと思います」と意気込みを語った。(zakzak編集部)

zakzakの最新情報を受け取ろう