記事詳細

贅沢な悩み!? 米倉涼子、脚へのコンプレックス明かす「短いスカート、イライラします」

 女優の米倉涼子(42)が都内で行われた「ビューティーミューズ大賞」スペシャルトークショーで、美脚と言われる自身の脚へのコンプレックスを明かした。

 「本人によると、膝から下がО脚で、それがコンプレックスだそうです。代表作「ドクターX」(テレビ朝日系)シリーズの大門未知子役では、超ミニスカートで美脚を披露していますが、「1日中ヒール履かないといけないのに、すぐむくむので、あの短いスカート、イライラします」「(美脚で)いいよね、と言われるたびにムッと思ってる。違うのに」などと嘆いていました」(ドラマ制作スタッフ)

 失敗しない大門のように米倉も完璧主義者。撮影の際は、脚をきれいに魅せる努力を重ねているそうだが、それでも悩みは尽きないという。

 そんな米倉にネットなどでは「十分きれいな脚なのに贅沢な悩み」「逆にイヤミに聞こえる」などと言う声も。

 「ドクターX」シリーズの6作目は今年は予定なしと見られているが、あの美脚が見られないのは少々寂しい。(zakzak編集部)

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース