記事詳細

NGT荻野が2連続トップ発進!2位はSKE珠理奈、HKT宮脇は3位に 5位SKE須田「悔しい」 AKB48世界選抜総選挙 (1/5ページ)

 6月16日に開票される「AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙~世界のセンターは誰だ?~」の速報が30日、東京・秋葉原のAKB48で発表された。NGT48・荻野由佳(19)が5万9531票を獲得し、2年連続で速報トップに立った。2位は3万8943票のSKE48・松井珠理奈(21)。HKT48・宮脇咲良(20)は3万2614票で3位となった。

 投票は29日午前10時から始まった。速報は120位からカウントダウン形式で発表され、内訳はAKB48・39人、SKE48・30人、NMB48・14人、HKT48・20人、NGT48・13人、STU48・2人(岡田奈々はAKB48でカウント)、BNK48・2人となった。

 昨年に続き速報でトップに立った荻野は名前が呼ばれると、うれしさのあまり涙を流した。驚くべきは“荻野陣営”の瞬発力だ。速報は実質1日がたった時点での投票数で、荻野は昨年の5万5061票を上回り、最高のスタートを切った。ちなみに前回総選挙の最終獲得票数と比較しても、荻野が今後0票でも昨年7位のAKB48・横山由依(25)の獲得票数(5万8314票)を上回る。この初動がいかにすごいかがわかる。荻野は自身の公式ツイッターで「速報1位…こんなにもたくさんの愛をありがとうございます…」とコメント。そして「NGT48一同 本番まで全力で頑張ります 応援よろしくお願いします 本当に本当に ありがとうございます……」とつぶやいている。

 2位に入った珠理奈も悲願の1位獲りに向けて上々のスタートを切った。昨年の3万4641票(3位)を超える得票数を得たが、荻野には及ばなかった。発表後、珠理奈は公式ツイッターで「まずは、短い時間の中でたくさんの投票、本当にありがとうございます!!」と述べ、そして「ここからここからここから」と悲願達成に向け、陣営に協力を呼び掛けた。

 “女王”HKT48・指原莉乃(25)のあとを引き継ぎ、“博多勢4連覇”を狙う宮脇も昨年の2万1151票を上回る3万2614票を獲得したが、珠理奈にわずかに届かなった。珠理奈同様、1位獲りを公言する宮脇は「HKT48ををすべて背負うつもりでファンの方と一緒に全力で頑張りたいと思います」と意気込んでいる。

 4位にはAKB48/STU48・岡田奈々(20)が2万7008票でランクインした。公式ツイッターで「トップ3の壁はとても厚く険しい道のりだけど 応援してくれている皆さんと共に諦めずに挑戦し続けたい !目指せ " 第1位 "」と語った岡田。さらなる飛躍を目指す。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース