記事詳細

【立川志らべ 週刊BSマップ】俳優・村上弘明が奥州藤原氏の理想を探る「『分断と対立』から『融和と共存』へ~奥州藤原氏が描いた今日への伝言~」

★「分断と対立」から「融和と共存」へ~奥州藤原氏が描いた今日への伝言~ 6月2日(土)午後7時、BS朝日 

 大師匠・立川談志が十八番にしたネタの一つに「源平盛衰記」があります。吉川英治の「新・平家物語」を読んで一晩でこさえてしまったと言われています。当然、私も読みました(私の「源平盛衰記」もなかなか面白いですよ)。そこで源義経を庇護するために現れるのが奥州藤原氏。財力がある一族で、ずっと気になっていたのですが、2日午後7時からBS朝日で放送されるのが「『分断と対立』から『融和と共存』へ~奥州藤原氏が描いた今日への伝言~」。これはぜひ見たいです。

 平安時代の北日本は豪族たちが「分断と対立」を重ね、ときに殺戮も行われました。しかし、陸奥の人々の心の底に置かれた「分断ではなく融和、対立ではなく共存」との思いは生き続け、奥州藤原氏三代によって、平泉の地に現れます。

 誰もが同じように極楽浄土へ行けるというその浄土思想は、現在のテロやヘイトスピーチに代表される「分断と対立」の世界を、「融和と共存」の希望の社会へ変えようという理想と重なってみえます。

 岩手県出身の俳優・村上弘明が、奥州藤原氏三代の思いを、現在から探っていきます。(立川志らべ)

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース