記事詳細

【元文春エース記者 竜太郎が見た!】「紀州のドン・ファン」野崎幸助氏、死のナゾ 家政婦直撃「素っ裸でソファに…」 (2/2ページ)

 話は続く。

 「目に飛び込んできたのが、だらーんとしたアソコ。普段社長は黄色のガウンを着ているのですが、そのときも、何か羽織っていたはずなんですけど、気が動転して覚えていません。とにかくびっくりして、社長、社長って揺すったんですけど、肘とか手首が固くなっていました。すぐに救急車を呼びましたが、もうだめだったんです。Sさんはその間、呆然と突っ立っていて、なにが起きているのかわからない様子でした。もちろん私も同じ気持ちです。あとで社長の体から覚醒剤が出てきたなんて思いもよりません。社長は直前まで元気で、いつもと変わった様子はありませんでした。なにかに悩んでいるとかそんなこともなかったですね。またSさんとも仲は良かったですし、なぜこんなことになったのか、ほんとうにわからないんです」

 謎の多い事件だ。

 ■中村竜太郎(なかむら・りゅうたろう) ジャーナリスト。1964年1月19日生まれ。大学卒業後、会社員を経て、95年から文藝春秋「週刊文春」編集部で勤務。NHKプロデューサーの巨額横領事件やASKAの薬物疑惑など数多くのスクープを飛ばし、「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」の大賞受賞は3回と歴代最多。2014年末に独立。16年に『スクープ! 週刊文春エース記者の取材メモ』を出版。

zakzakの最新情報を受け取ろう