記事詳細

フリー音源使用にはご注意を! ひょっこりはん無断使用で騒動も、松居一代は「きっちり」表記でセーフ (2/2ページ)

 「フリー音源で有名になったのは、松居一代さんが『別宅の真相』という動画をユーチューブで配信したときに使用した楽曲で、古根川広明氏のものでした。ワイドショーなどで使うときにも彼の名前が表示されていました」

 使用料がいらないフリー音源は、確かに資金の少ない若手芸人には魅力だろう。しかし今回のような失敗をするリスクをはらんでいるのも事実。

 「“あたりまえ体操”でブレークしたCOWCOWですが、どこかで聞いたことがあるような楽曲とはいえ、オリジナルです。COWCOWが考えた歌を、音楽作家がブラッシュアップして仕上げたものです」と演芸関係者。

 「もしひょっこりはんがブレークしなかったら、こうした事態にもならなかったのでしょう。とはいえ、人の作ったものを使わせてもらっているという意識が低かったということに問題があったわけです。自分のギャグで勝手に人が稼いでいるようなもの。リズムネタをする若手芸人にとっても警鐘になりました」と続ける。

 どこまでいっても人のものは自分のものにはならないのだ。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース