記事詳細

平林あずみ、見どころはベッドシーン「目隠しされてくすぐられました」

 8人組アイドルグループ「L」のメンバーで、四国アイランドリーグplusのイメージガールとしても活躍する平林あずみ(26)がこのほど、3年ぶり10作目となるDVD「君との距離」(ギルド、4104円)の発売イベントを行った。

 この日は、1メートル61、B82W58H85のスレンダーボディーを紺色の水着に包みイベントに登場。DVDは4月に東京都内で撮影され、OLだった平林が、スカウトされグラビアアイドルに転身するも、付き合っていた彼氏がストーカーのようになってしまい…という内容。

 「まだOLとして会社で働いている時、彼氏が会社に来ちゃって、倉庫みたいなとこで服を脱げって言われて『嫌だ嫌だ』と言いながらも従ってしまったり、撮影会に彼氏が何も言わずに来て、本当はダメなのに『この衣装着てよ』って言われたり、完全なドMになってます」と紹介。

 見どころに「ベッドシーン」を挙げ、「目隠しされて、くすぐられたりしました。セクシーな表現は得意ではないんですけど、吐息だったりをがんばったので見て欲しいな」とはにかんだ。

 撮影中に大変だったことを聞かれると、「語尾に『ニャン』ってつけるセリフは言いたくなくて、絶対に言わないつもりだったんですけど、監督が言わないと撮影が終わらないぞっていう目をしていたので、根気負けして言ってしまいました。監督のドSっぷりにも負けました」と苦笑いを浮かべた。

 サンケイスポーツの東京発刊55周年を記念した、将来のグラビア界を担う大型新人を発掘する「サンスポGoGoクイーン」のオーディションの予選を突破し、「今まで、サバイバルオーディションを受けるのが嫌で避けてきたんですけど、やるからには絶対クイーンになりたい」と闘志を燃やした。(zakzak編集部)