記事詳細

総選挙2位・須田亜香里が1位・松井珠理奈と語り合ったこと (3/4ページ)

 ずっと100%でいるのって1人っきりだったら絶対に無理なので。まわりに100%、もしくはそれ以上の方がいれば私も負けたくないし、頑張れる。負けず嫌いはSKEの特徴でもあるので、その気持が(メンバーに)連鎖していったらいいなって」

<2位という順位は『後輩たちのお手本になれ』という順位だと思います。今後、後輩たちにはどんな背中を見せていきたいですか?>

 「そうですね、アイドルを頑張ることと、自分の夢はイコールなんだよってことですね。そう思ってもらえるように頑張りたいです。48グループにいて(総選挙で)上の方の順位に行けなくても仕事がもらえるっていうのはグループが大きくなったからこそのよさでもありますけど、48グループの名前があるからこそもらえる仕事、そういうチャンスがメンバー全員にあるっていうのはありがたいことですけど、それが甘えになっている部分があると思う。

 アイドルとしてどんな人が人気が出るっていう傾向はあるかもしれないけど、そこを狙うっていうのが嫌な子もいるかもしれないけど、でも、もとをたどればグループに入ったときに『人気者になりたい』とか『前の方に立ってみたい』っていう願望があったはずだから、それにこだわれる、貫けるようなグループにしたいです。居場所を求めたりとか、劣等感を抱えないためにも、自分の夢をあきらめないでほしいなって」

<今後、後輩から『須田さんみたいになりたい』っていう子たちが増えてくると思いますが、そのへんはどうお考えですか?>

 「どうなんですかね、正直、大変ですよ(笑)。世の中、どこに行っても選ばれる人と選ばれない人がいるじゃないですか。選ばれない人が圧倒的に多いからこそ、私は皆さんの共感を得られるようになりましたが、でも本当は、『選ばれる人になれるよう頑張れる人』であることが大前提でないとダメだと思いますし、でもそれがダメだったら、私のようにそれをチャンスだととらえて、進めるように、その励みになるように頑張ってほしいです。私は本当に最終兵器なので、最初からここを目指すのは正解ではないのかなと(笑)」

<あらためて今回の順位に対するファンへの言葉を>

 「本当にファンの皆さんによって私のアイドル人生は成り立っているので、自分をさらけ出すこと、それを受け入れてくれるファンの方々がたくさんいて、私はアイドル人生だけじゃなくて、須田亜香里としての人生をファンの方々にいただいてるし、その中でもいろいろな感情をファンの皆さんと分け合ってきているので、やっぱりこれからも一緒に人生を楽しめる存在でいられたらうれしいなって思っていますので、ファンの方々はもちろん、これから出会ってくだされる方々にも一緒に喜びなどを分かち合っていきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします」

関連ニュース