記事詳細

日本での活動を本格化させて4年…知英が抱く今後の“野望”とは? (1/2ページ)

 14日から公開される映画「私の人生なのに」で主演を務めている女優・知英(24)へのロングインタビュー。後編となる今回は、「JY」名義で歌手としても活躍するなど、マルチな才能で多くのファンを魅了する彼女の素顔に急接近した。日本での活動を本格化させて4年。彼女が抱く今後の目標とは?(zakzak編集部)

<映画「私の人生なのに」で演じる金城瑞穂は“歌”に出合うことで、新しい一歩を踏み出そうとします。アーティストとしても活躍されている知英さんと音楽の付き合い方は?>

 「結構、その日の気分や天気によって聴く音楽が変わります。車で移動するときは必ず何かしら音楽をかけていますね。車じゃない時も、イヤホンで聴いていることが多いぐらい、私には欠かせないもの」

<最近は、どんな音楽を聴いていますか?>

 「“ワルツのお父さん”と言われている、ビル・エヴァンスのアルバムを聴いています。ジャズなんですけど、クラシックな感じ。ピアノの曲が多いです」

<例えば、ちょっと元気がないなと思ったときはどんな曲を聴きますか?>

 「洋楽やR&B系。グルーヴィーな感じのものがいいですね。それか、そんな気分の時だからこそ、あえてしっとりとしたバラードとか(笑)。気持ちによってプレーリストが変わるところが不思議ですし、そこが音楽の面白いところなのかもしれないですね」

<今後、アーティストとして挑戦したいことはありますか?>

 「ギター、ベース、ドラムなどで編成された生バンドをバックに歌ってみたいです。あまり経験がないので、ぜひ挑戦してみたい! 面白そうですよね」

<劇中では瑞穂としてギターを弾いていましたけど、もし知英さんも楽器を演奏するとしたら何がいいですか?>

 「バンドのボーカルといえば、やっぱりギターが多いですよね。だから…、もっとうまく弾けるようになりたいです。ピアノの弾き語りにも興味があります」

<インタビューなどで“これをやりたい!”と言ったら実現することもありますからね>

 「そうなんですよね。ずっと言い続けていたミュージカル出演は実現しましたから。バンドと合わせて歌いたいって、いろんなところで話したらどこかでつながるかもしれませんね。仕事ではないんですけど、私生活では趣味を増やしたいと思っていて。アウトドアでもインドアでもいいんです。何か自分の中で没頭できるものが見つかるといいなと思っています」

関連ニュース