記事詳細

篠原涼子、44歳の初主演舞台 “20歳役”にぼやき…

 「(台本に)20歳って書かなくてもいいのに…」とぼやくのは女優の篠原涼子(44)。初の主演舞台となる「アンナ・クリスティ」で20歳の役を演じる篠原は「声のトーンを上げたら演出家さんに『無理に若くしなくていい』といわれた」と苦笑い。米倉涼子は37歳で女子高生を演じたが、篠原も小娘には出せない大人の色香を漂わせていた。