記事詳細

AKB48チーム8単独舞台! 大西桃香「みんなでキスしているところに注目」 囲み会見全文掲載 (1/4ページ)

 AKB48チーム8単独舞台「KISS KISS KISS」が19日から東京・天王洲銀河劇場でスタートした。舞台はキスをテーマにしたオムニバス作品で、戯曲「サロメ」のほか、白雪姫、アイドル、ラーメン店、事故物件などをテーマに、笑いあり感動ありの独自の演出が施された見どころの多い内容になっている。

 初日となったこの日、本番前にマスコミ向けのゲネプロが行われ、ステージには横山結衣(17)、大西桃香(20)、佐藤七海(18)、佐藤栞(20)、太田奈緒(23)、山田菜々美(19)、大西桃香(20)、浜咲友菜(16)、人見古都音(17)、行天優莉奈(19)、立仙愛理(19)、谷口もか(17)の11人と初日の日替わりゲストとして倉野尾成美(17)が立った。またゲネプロ終了後には、メンバーと脚本・演出を担当した横内謙介氏(56)も加わった囲み取材が行われた。

■会見全文掲載

<舞台への意気込みを教えてください>

横山「初舞台なので、緊張したんですけど、初日は演技がもっとできるように頑張ります」

佐藤「自分の殻を破るというかアイドルをしているときにないギャップを見せたいです」

佐藤栞「オムニバス形式の舞台は初めてです。キャラクターの違う役を演じて、切り替えるのは大変でしたが、やりがいがありました。たくさんの方に感動していただけたらと思います」

太田「役で髪形も変えたり、後で『一緒の人が演じてたんだ』とびっくりしてもらえるように頑張ります」

山田「演技をさせていただく機会が増えて、チーム8で一緒に演技ができるのもありがたいです。チーム8の絆を見てもらえれば」

倉野尾「私は初日のゲストでみんなより稽古は少ないです。みんなが1カ月間、頑張っているのを見ていたので、『初日が一番よかったね』といわれることはなかなかないけど、言われるような演技ができたらと思います」

大西「演技経験少なくて、普段から映画やドラマを見なくて。1カ月の稽古で横内さんから丁寧に指導してくださったおかげで、自分でも納得いく演技ができるようになったと思います。のほほんとしたおばあちゃんのほか、めちゃめちゃキレる人を演じています。頑張ります」

浜「舞台は2回目で演技が好きで稽古中もずっとニコニコしていました。楽しい雰囲気が伝わるように一生懸命頑張ります」

人見「初めての舞台で普段から声が小さいといわれるんですが、舞台をきっかけに声をデカく頑張ります」

関連ニュース