記事詳細

【聖林裏表】“お騒がせ男”ジャスティン・ビーバーがスピード婚約… ようやく年貢の納め時か? (1/2ページ)

 米人気歌手、アリアナ・グランデ(25)に引き続き、ジャスティン・ビーバー(24)のスピード婚約が明らかになり、米メディアは大盛り上がりだ。数々の女性と浮名を流してきた、お騒がせ男もようやく年貢の納め時か?!

 お相手はかつて交際していたモデルのヘイリー・ボールドウィン(21)で、父親は俳優のスティーヴン・ボールドウィン(52)だ。

 米芸能メディア「E! ニュース」(電子版)によると、ジャスティンがプロポーズしたのは、カリブ海のバハマへ旅行中の今月7日。復縁が明らかになってから数週間という“早業”だった。

 ジャスティンは昨秋に女優のセレーナ・ゴメス(25)と復縁、熱愛ぶりが大きく伝えられていた。ところがその後2人の仲は冷めたようで、「E! ニュース」は今年3月、関係者の話として互いに距離を置いていることを報じていた。

 プロポーズした翌8日には、早くもマスコミがキャッチ。ジャスティンの父、ジェレミー・ビーバー氏は、インスタグラムに「誇らしいっていうだけでは言葉が足りない。次の展開が楽しみだ」と書き込み、スティーヴン・ボールドウィンも「笑みがあふれるよ。私も妻も神のご意志をいつも祈ってる」とツイートし、本人たちを置き去りにして祝福ムードが先行する形となった。

 こうした流れに押されたのか、ジャスティンは10日のインスタグラムで婚約を認めることに。

関連ニュース