記事詳細

三宅裕司が休養 前立腺肥大症で治療に専念

 俳優、三宅裕司(67)が前立腺肥大症のため、当面の間、治療に専念することになった。休養期間については未定としている。

 関係者によると、6月10日頃におなかがぽっこり出たため、今月に入って病院で受診。その結果、肥大した前立腺が尿道を圧迫して排尿障害などが起こる前立腺肥大症であることが判明し、入院することに。

 現在は腎臓の数値が高いため、投薬治療などで安定させた後、肥大部分を切除する手術を行う予定だ。パーソナリティーを務めるニッポン放送「三宅裕司のサンデーヒットパラダイス」などのレギュラー番組は、収録済み分を予定通り放送。その後は詳細が決まり次第、公式サイトなどで発表するという。