記事詳細

AKB小栗主演の新ドラマ「マジムリ学園」スタート目前! 「マジすか」シリーズの歴史を振り返る (1/3ページ)

 AKB48チーム8・小栗有以(16)が主演を務める連続ドラマ「マジムリ学園」(日本テレビ系)が25日深夜、スタートする。「マジムリ」はAKB48などをプロデュースする秋元康氏(60)が企画・原作を手がけるAKB48メンバー総出演のドラマ「マジすか学園」シリーズの最新作だ。AKB48の52枚目のシングル「Teacher Teacher」でセンターを務めた小栗が挑むのは、学園の厳しいヒエラルキーを変えるべく立ち上がる謎の転校生、リリィー。同シリーズならではの激しいアクションや仲間との友情を描くストーリーが展開されていく。2010年に始まり、今回で7作目を数える人気シリーズ。待望の最新作が放送される前に、同シリーズのこれまでの歩みを振り返っていく。(zakzak編集部)

■スタートは8年前 「ドラマを見るだけで人間関係が分かる」斬新な構成

 第1弾「マジすか学園」(テレビ東京系)の放送が始まったのは2010年1月。09年10月発売のシングル「RIVER」で初めてオリコンウイークリーチャートで1位を獲得したAKB48が新たな領域に足を踏み入れた。

 物語は、馬路須加(まじすか)女学園にメガネ姿で地味で無口だが、「マジ」という言葉に反応する前田敦子(前田敦子)が転入してくるところからスタート。前田は多くのヤンキーたちから戦いを挑まれ、お互いに傷つきながら、次第に打ち解け合いきずなを強めていった。

 前田と拳を交えたのは、最強武闘派集団「ラッパッパ」の面々。部長の大島優子(大島優子)を筆頭に副部長のサド(篠田麻里子)、ラッパッパ四天王のシブヤ(板野友美)、ブラック(柏木由紀)、ゲキカラ(松井玲奈)、トリゴヤ(小嶋陽菜)らが前田の前に立ちはだかった。さらに物語の“説明役”的な立場で登場したチームホルモンのヲタ(指原莉乃)、ウナギ(北原里英)、バンジー(仁藤萌乃)らも存在感を発揮。個性的なキャラクターが続々と登場した。その人物配置には、09年に初めて行われた「第1回選抜総選挙」の順位が反映されており、「ドラマを見るだけでメンバーの人間関係も分かる」という斬新な構成が話題を呼んだ。

 このドラマをきっかけにAKB48の存在が一般層にも浸透。“マジすか新規”と呼ばれる新たなファンの発掘にも成功した。

 11年4月からは事実上の続編「マジすか学園2」(テレビ東京系)がスタートした。主役は前田だが、ネズミ(渡辺麻友)、センター(松井珠理奈)が虎視眈々と世代交代を狙い、新部長のおたべ(横山由依)らと対決。一方、シブヤ率いる矢場久根(やばくね)女子商業高校がマジ女を急襲するという新たな対立構造も描かれた。

関連ニュース