記事詳細

【名優競演!金田一耕助の世界 ペリー荻野】子役時代の吉岡秀隆からは… 金田一の定番スタイルに白髪交じりと短髪姿でイメージがらり! (1/2ページ)

★(5)吉岡秀隆 悪魔が来りて笛を吹く 

 28日に放送されたNHKBSプレミアム「悪魔が来りて笛を吹く」で、新たな金田一耕助となった吉岡秀隆(47)。長髪、よれよれはかまが金田一の定番スタイルだが、吉岡金田一は白髪交じりの短髪、書生風のはかまで、個性を出している。

 「北の国から」など子役時代から見ているため、吉岡の白髪に少し驚くが、1970年生まれの彼も今年48歳。石坂浩二が「犬神家の一族」で初めて金田一を演じたのが35歳だったことを思えば、十分にベテラン金田一である。吉岡の映画デビュー作は渥美清が金田一を演じた77年の「八つ墓村」。この4年後から「寅さん」シリーズにも出演した縁もある。

 「悪魔が来りて~」は自殺した旧華族、椿英輔(益岡徹)の娘、美禰子(志田未来)の依頼を受けた金田一が、次々と起こる連続殺人事件の真相を追うというもの。美禰子の母(筒井真理子)が主治医とただならぬ関係だったり、そのおじが愛人とともに居候していたり、離れには母の弟、新宮利彦(村上淳)一家も住んでいたりと愛憎劇のニオイがぷんぷんの屋敷で、謎のフルート曲が鳴り響く。

関連ニュース