記事詳細

仕事順調な酒井法子、今でも古い家で息子と生活 (1/2ページ)

 すそに大きなフリルがあしらわれた黒いミニワンピは膝上丈で、足元は10cmヒール。アラフィフには若々しいファッションを違和感なく着こなしているのは、酒井法子(47才)だ。7月18日、華やかな出で立ちで向かう先は、都内の住宅街の一角にある築40年以上の年季の入った古屋。外壁には雑草が張り付き、日光で所々変色している。

 酒井が覚せい剤取締法違反で逮捕されてから9年が経った。

 「離婚して8年、最近ショッピングセンターの近くで、年配の男性に寄り添って歩いているのを見かけました。新しいお相手がいるんでしょうか。あれから、だいぶ年月が経ちましたからね」(居合わせた女性)

 酒井はこのところ、順調に仕事をこなしている。相変わらず台湾、中国、香港などアジア圏で大人気。テレビ出演こそ少ないが、絶えずコンサートやイベントの予定が入っている。この日も、子供の育成活動に取り組む『子ども健全育成大使』の就任式に出席していた。

 酒井の抜擢に批判の声もあったが、「私でいいのか疑問があったけど、お力になれるなら一生懸命やらせていただきたい」と語った。

 酒井は現在、逮捕時に暮らしていた高級マンションを出て、冒頭の古屋で暮らしている。

NEWSポストセブン

関連ニュース