記事詳細

【元文春エース記者 竜太郎が見た!】早稲田大学にあらたなトラブル 「1300万円、じゃあ分割で払ってみ?」早大交響楽団・田中永久名誉顧問が学生にドスのきいた声で… (3/3ページ)

 テレビでは酷暑や台風といった自然災害がニュースを占めており、ワセオケの話題がほとんど扱われていないが、日大の危険タックルといい早大の金銭トラブルといい、問題の根底にあるのはカリスマ教育者による悪質なパワハラ。しかし本人の無自覚のせいで騒動を大きくしている。彼らに悔悛はあるのだろうか。

 ■中村竜太郎(なかむら・りゅうたろう) ジャーナリスト。1964年1月19日生まれ。大学卒業後、会社員を経て、95年から文藝春秋「週刊文春」編集部で勤務。NHKプロデューサーの巨額横領事件やASKAの薬物疑惑など数多くのスクープを飛ばし、「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」の大賞受賞は3回と歴代最多。2014年末に独立。16年に『スクープ! 週刊文春エース記者の取材メモ』を出版。

関連ニュース