記事詳細

剛力彩芽騒動、ラジオで『POISON』流した岡村隆史の心境 (1/3ページ)

 ネットニュースの存在によって、ラジオの魅力のひとつが損なわれようとしているのかもしれない--。ZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイの前澤友作社長と交際している女優の剛力彩芽が7月16日、ロシアW杯の決勝戦を観戦したとインスタグラムで報告。前澤氏も同じ場所で写真を撮っており、2人で現地を訪れていると話題になった。

 これに対し、ネット上では非難の声が上がり、ラジオでは有名人がこの件について言及した。ナインティナインの岡村隆史は19日、『岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で「ファンのことを第一に考えた方がいいような気がする」と自分の素直な意見を述べた。剛力のファンを公言していた明石家さんまは21日、『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)で「呪いにかかったように浮ついて、本当の愛を見つけられていない」と話した。

 これらの発言が次々とネットニュースになったこともあってか、剛力は22日にインスタグラムの過去も含めて全ての投稿を削除。「厳しいご意見やアドバイスを真摯に受け止め、自分の考えをまとめました」と綴った。

 この一連の騒動を受けて、ネット上ではさんまや岡村の反応を批判する声も多く見受けられるようになった。岡村は7月26日、『岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)内でこう嘆いている。

NEWSポストセブン

関連ニュース