記事詳細

AKB48感謝祭 須田「ブサかっこいいを目指す!」とキレキレのダンス披露、大場「だーすーが2位になったことを私はまだ信じていない!」 (1/3ページ)

 「AKB48グループ感謝祭~ランクインコンサート~」(2~16位選抜公演)が2日、横浜アリーナで行われ、6月16日の「AKB48 53rdシングル世界選抜総選挙」で16位内に入った15人(1位のSKE48・松井珠理奈は体調不良のため不参加)が1万人のファンを前で全力のパフォーマンスを見せた。

 オープニングでは、新曲「センチメンタルトレイン」が披露されたが、センターである珠理奈のポジションは空席。2位のSKE48・須田亜香里(26)が「48グループの勢いを感じられるコンサートに!」と叫び、15人で熱のこもったステージを見せた。

 ソロパートでは毎年、趣向を凝らした演出が施されるが、今年も15人がそれぞれの個性を生かしたステージを繰り広げ、ファンを魅了した。

 NGT48・本間日陽(18、16位)は赤いRV車に乗ってステージに登場。去年13位に入り、感謝祭でお祭りの山車に乗ったことを振り返りながら「この調子でいい波に乗っていくぞ」と「波乗りかき氷」をパフォーマンスした。SKE48・古畑奈和(21、15位)はクラスメイトにいじめられる生徒役を熱演しながら「誰かの耳」を熱唱。ステージ上で自分の髪をバッサリ切るという、度肝を抜く演出で観客を驚かせた。当の古畑は「ちょうど(髪が)痛んでいたので…」とあっけらかん。「(相談したら)大人の方に4回ほど止められた」としたうえで「楽しかった!」と満面の笑顔を見せた。

 NMB48・吉田朱里(21、14位)は前回に続き今年も感謝祭用のMVを作成した。編集もコンセプト考案も自分で行ったという力作をバックにフリフリのピンクの衣装でトロッコからファンにキャンディーをプレゼントした。吉田のファンは女性が多く、黄色い声援に古畑は「待って!SKEでは聞かない!この声援!」と目を丸くした。AKB48・向井地美音(20、13位)はバンドを従え、エレキギターをかき鳴らしながら「AKB参上」を歌い上げた。演奏後「めっちゃ緊張した」と話した向井地は「いつかエレキギターをライブでやってみたいと思っていた。ずっと練習していて。ピンクのギターも自前で、欲しくてただ買ったギターがついに報われました!」と喜びを爆発させた。

 AKB48・高橋朱里(20、12位)はバックダンサーを従えて「ポニーテールとシュシュ」「僕らのユリイカ」「真夏のSounds good!」という夏曲をメドレー。ダンサーとして登場した後輩たちは、高橋がこれまで選抜に入ったシングル曲の衣装を着てパフォーマンスし、先輩のランクインを祝福した。SKE48・惣田紗莉渚(25、11位)は赤いドレスで欅坂46の「ガラスを割れ!」を熱唱した。「すごく大好きな曲。かっこいい曲を見てほしいと思った。ロックな感じで」と選曲理由を述べた惣田。ファンからの声援には「泣ける~」ともらした。

関連ニュース