記事詳細

【立川志らべ 週刊BSマップ】車窓越しに眺める自然…酷暑からの現実逃避 「いま行きたい!にっぽん夏の鉄道旅」

★「いま行きたい!にっぽん夏の鉄道旅」8月4日(土)午後7時BS日テレ  

 学生の時、青春18きっぷでいろんなところに行きました。最初は19歳の時に大阪まで。9時間かかった記憶があります。

 それ以来、在来線に乗りまくったため、目的地に5時間かかるくらいなら「おお5時間か、余裕だな」などと感覚がおかしくなりました。今でもちょっとだけその感覚が残っていたり…。

 4日午後7時からBS日テレで放送されるのが、「いま行きたい!にっぽん夏の鉄道旅」。夏の北海道と九州をめぐる2時間スペシャルです。

 車窓からのんびり眺める美しい自然、各地の特産品が味わえる駅弁、人々とのふれあい…。鉄道だからこその旅の魅力をお届けてくれます。

 益子直美と渡辺裕太は北海道・富良野のラベンダー畑を走る「ノロッコ号」、藤田朋子と桑山哲也夫妻は由布院の魅力が凝縮した大人気の観光列車「ゆふいんの森号」という、知る人ぞ知るローカル線に乗ります。

 北海道は先月行ってきたばかりなので、東京の酷暑の中、思い出してばかりです。富良野近辺も学生の時に行ったなあ。あー、現実逃避にこの番組見たいー!(立川志らべ)

関連ニュース