記事詳細

AKB48チーム8が3年連続TIF出演!先輩に負けないステージでファンを魅了、倉野尾「ここが一番になるように頑張りたい!」

 AKB48チーム8が4日、東京・お台場で開催中のイベント「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」(2日目)に出演。AKB48の次世代エース候補として期待される小栗有以(16)ら16人が熱いステージを繰り広げた。

 チーム8のTIF出演は3年連続。この日のメンバーは小栗、坂口渚沙(17)、横山結衣(17)、谷川聖(17)、岡部麟(21)、小田えりな(21)、永野芹佳(17)、太田奈緒(23)、山田菜々美(19)、大西桃香(20)、浜咲友菜(16)、中野郁海(17)、人見古都音(17)、吉田華恋(15)、倉野尾成美(17)、宮里莉羅(16)だった。

 初日となった3日はAKB48、STU48がメーン会場となる「HOT STAGE」(Zepp DiverCity)でパフォーマンス。4日もNMB48がTIF初出演を果たした。「TIFで先輩の48グループも盛り上がってますね!」と倉野尾。そして「でも、先輩より、ほかのアイドルさんより、ここが一番になるように頑張りたいです!」と呼びかけると、会場のボルテージは最高潮に達した。

 チーム8は「蜂の巣ダンス」「思春期のアドレナリン」「星空を君に」「制服の羽根」「ハイテンション」「LOVE TRIP」「夢へのルート」という順でパフォーマンス。最後の楽曲はチーム8の代表曲「47の素敵な街へ」で、永野が「知ってる方は今日一番のコールをお願いします!」と協力を求めると、総立ちのファンが熱のこもった声援を送った。ライブはステージと客席が一体となり、チーム8らしい盛り上がりを見せた。

 TIFは5日まで開催中。5日にはSKE48、NGT48、HKT48などが出演する。(zakzak編集部)

関連ニュース