記事詳細

爆笑問題・太田光“日大裏口入学”報道にラジオで反論 「週刊新潮、バカヤロー!!」 妻の光代氏「刑事、民事両方で訴えを準備」 (1/2ページ)

 漫才コンビ、爆笑問題の太田光(53)が、日大に「裏口入学」していたとの疑惑を8日発売の「週刊新潮」が報じた。妻で所属事務所社長の太田光代氏(54)は夕刊フジの取材に「事実無根」と否定し、新潮社への告訴も検討すると激怒。太田もラジオで猛反論した。

 「新潮社に恨みを買うようなことはしてきてないですし、太田も最初の小説とか書いてるし、お付き合いのある会社だから丁寧に対応してきたんですけど、これだけはどうしようもない。刑事、民事両方で訴えを準備しています」

 光代社長はこう憤る。

 太田は1984年に日大芸術学部演劇学科に入学し、翌年に中退したが、週刊新潮は《爆笑問題「太田光」を日大に裏口入学させた父の溺愛》という5ページにわたる記事を掲載した。

 記事では太田は高校時代、日大芸術学部を志望していたが、《実力ではとても受からないと考えた》という父の三郎氏は、各大学への進学を斡旋する「裏口入学ネットワーク」の関係者に接触したと報じている。三郎氏は「裏口入学」の対価として800万円を支払ったといい、試験前日にはホテルで《日大の現役教員が直接指導して本番に臨む「缶詰作戦」が発案された》とも報じた。

 「太田1人を合格にするとあまりに露骨なので、補欠合格者として他にも5~6人くらい一緒に名を連ねることにした」という関係者の証言も紹介されている。

 「ちょっとひどいのはお父さんのことが書いてあること。お父さんは人格的にもそういうことは絶対嫌い」と光代社長。内装会社を営み、「叙々苑」の内装と共にロゴも担ったという三郎さんは2012年に死去した。

関連ニュース