記事詳細

【元文春エース記者 竜太郎が見た!】フェアなスポーツ界を冒涜! 高齢でも山根氏への同情は禁物 (2/2ページ)

 とはいえ、である。MCの坂上忍氏に聞かれた私は、「そもそも山根会長は暴力団と密接な関係を持ち、その威光をかさに着て現在の地位と権力を得て、山根帝国を築きボクシング界を私物化した。絶対に許されることではない。ボクシング界を浄化するためには、今回持ち上がった問題を含め、この際すべての膿を出し切るべきだ」と意見を述べた。

 別の識者は「過去にさかのぼると、これまでの勝敗も覆ってしまう可能性がある」と述べた。時間の都合で、それ以上私は話せなかったが、高齢者といえども山根氏に同情は禁物である。

 その後に出た「奈良判定」の証拠音声をみても関与は明らか。「昔のスポーツ界にはこういう人がいた」で片付けてはならない問題で、フェアであるべきスポーツを冒涜(ぼうとく)している。

 当然この御仁をみこしに担いだ連中も同罪で、同調圧力による「普通の人の悪」だとしても質が悪い。果たして奈良判定で負けた選手の悔し涙の責任は誰が取るのか。

 「(不正があれば)腹を切って死ぬ」と会長はたんかを切ったが、それよりもつらい思いをした選手が大勢いたことを忘れてはならない。

 ■中村竜太郎(なかむら・りゅうたろう) ジャーナリスト。1964年1月19日生まれ。大学卒業後、会社員を経て、95年から文藝春秋「週刊文春」編集部で勤務。NHKプロデューサーの巨額横領事件やASKAの薬物疑惑など数多くのスクープを飛ばし、「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」の大賞受賞は3回と歴代最多。2014年末に独立。16年に『スクープ! 週刊文春エース記者の取材メモ』を出版。

関連ニュース