記事詳細

【板垣眞理子 LA発 芸能Watch】セガールとプーチン大統領の深~い関係 米では「ロシア版ロッドマン」との皮肉の声も… (1/2ページ)

 ロシア外務省が、米俳優で武道家のスティーヴン・セガール(66)を「文化、芸術、科学などの分野で米露関係を促進するための特使に任命」とフェイスブックで発表した。「光栄に思う」と感激のツイートをしたセガールとプーチン大統領との関係が注目されている。

 セガールは祖父がロシア出身で何度も訪れている。格闘技ファンで人権問題で非難されるチェチェン共和国のカディロフ首長や、「欧州最後の独裁者」といわれるベラルーシのルカシェンコ大統領とも懇意で独自に民間外交を進めてきた。

 クリミア半島編入で、西欧諸国がプーチン大統領を非難し制裁決議する中、セガールはプーチンを擁護。「最も偉大な指導者の1人」とラブコールを送っている。

 小柄ながら柔道の有段者で、鍛え上げた上半身を誇示するプーチン大統領と、黒帯の武道家のタフガイ、身長194センチの巨漢セガール。ロシア戦勝記念軍事パレードに招待され、今年5月の大統領就任式にも出席。一昨年、ロシアの市民権を希望するセガールに、プーチン大統領はパスポートを直々に授与した。

関連ニュース