記事詳細

【聖林裏表】新ムーブメント「I Weigh(私の重み)」に逆行、容姿重視のカーダシアン (1/2ページ)

 女性をめぐる新しい運動「I Weigh(私の重み)」がソーシャルメディアで盛んになっている。女性の体重や容姿ばかりが重要視される風潮に声を挙げ、外見以外の自分の長所を自撮り写真とともにアップするもので、セレブたちもこぞって参加し始めた。

 インスタグラムで運動を始めたのは、英国出身のモデルでテレビ司会者、ジャミーラ・ジャミル(32)。米NBCテレビのコメディーシリーズ「グッド・プレイス」に出演する女優でもある。

 米芸能誌「ピープル」(電子版)などによると、きっかけはインスタグラムのある投稿に対する怒りだったようだ。

 米国のリアリティー番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」に出演するカーダシアン一家の集合写真に1人ずつ体重が記載され「キムが56キロに見える?!」「あなたは何キロ?」と問いかける書き込みがあったのだ。

 ジャミルは「世界中の女性に蔓延(まんえん)する、(体重に基づく)低い自己評価」の原因となっていると非難。「女性が自分の価値や素晴らしさに気付き、肉体(にとらわれた考え)を超越してほしい」と考えたのだった。

 ジャミルは「素晴らしい友人」「毎日笑顔」「仕事が好き」「誠実に生きる」「経済的に独立している」「女性の権利について意見をはっきり言う」「自分の二の腕が好き」などと自分の長所や特徴を列挙したうえで、「くたばれKG(キログラム)」とメッセージを大書した。

関連ニュース