記事詳細

AKB加藤玲奈がジャンポケ斉藤に華麗なビンタをお見舞い!「小橋さん思い出した」

 28日深夜放送の「AKBINGO!」(日本テレビ系)で、加藤玲奈(21)がジャングルポケット・斉藤慎二(35)に“愛のビンタ”を食らわし、番組を盛り上げた。

 この日の番組は、AKB48メンバーが妻になった設定で、夫の問題行動へのリアクションを試す企画「いい嫁ロールプレーイング」が行われた。斉藤は夫役を演じ、持ち前のクドい芝居でメンバーの相手を務めた。

 最後に登場した加藤は夫が元カノを自慢するという状況をシミュレーション。加藤は「それ私に言って、私、喜ぶと思ってるの?私、帰るね」と夫を切り捨てようとするが、呼び止められてしまい、逆に「最近、お前からの愛を感じることができない!」と抗議を受ける展開となった。さらなる愛情表現を求める夫に加藤は「目をつぶって」。AKB48メンバーから「え!?」という悲鳴があがるなか、目を閉じた斉藤に強烈なビンタをお見舞いし、「これが私の愛の形!」と宣言し、ドSっぷりを見せつけた。

 素に戻った加藤は「思ったより、ビンタがいきました」と反省。斉藤も「プロレスラーの小橋(建太)さんのビンタ思い出した」と例え、スタジオの爆笑をさらった。

 また小栗有以(16)は仕事の愚痴を家庭で漏らす夫に対応した。「そんなこと気にすることないと思うよ。自分らしくいれば大丈夫」と笑顔でエールを送った小栗は、さらに「自分らしくいるってことはすごく大切なこと。その自分らしさが認められればいい」と述べ、個性の大切さを強調した。しかし斉藤は「逆に俺の自分らしさって何?」と面倒くさい切り返し。それでも小栗は「いちいち面白い顔をしてくれるところ」と笑って応対した。

 小栗の言動に婚活アドバイザーは「旦那さんの言っていることを聞いてあげて、理解してあげているのは素晴らしい」とたたえた。(zakzak編集部)

関連ニュース