記事詳細

【トレンドウオッチャー木村和久の世間亭事情】DA PUMPが大復活! 「ダサかっこいい」という変化球…大人の戦略 (1/2ページ)

 現在、ダサかっこいい曲として大ブレーク中なのが、DA PUMP(ダパンプ)が歌って踊る「U.S.A.」という曲です。1992年発売の懐かしきユーロビートのメロディーに合わせて、「カ~モンベイビィ~アメリカ」とダサい振付をするところが、妙にツボにはまり、現在ユーチューブの再生回数も、何千万回と、とんでもない勢いを見せています。

 おかげで、自身で振り付けを真似て、SNSにアップする人が続出、ひと頃の「恋するフォーチュンクッキー」の男性版みたいな扱われ方をしてます。

 それにしても、過去のグループとなりつつあったDA PUMPの、約20年ぶりのブレークは、おやじ世代から見ても、非常に喜ばしいことです。以前と同じような、正面突破でやっても売れないからと、「ダサかっこいい」という変化球を投げたあたりは、大人の戦略を感じます。

 周囲を見回すと、今年はダサかっこいいのが当たり年なのかとも思える現象が目白押しです。

 大河ドラマは、小栗旬(坂本龍馬)や玉山鉄二(木戸孝允)などイケメン俳優が脇を固めるなか、西郷吉之助役は、鈴木亮平ですからね。まさにダサかっこいいの典型じゃないですか。

 ゴルフに至っては、すっかり頭が禿げて、オヤジ化したタイガー・ウッズが復活だし。帽子を被るスポーツは、結構得ですね。

関連ニュース