記事詳細

“BSニュース戦争”本格化 TBSが秋改変で殴り込み! 10月スタート報道番組「報道 1930」に他局は戦々恐々… (1/2ページ)

 BSでニュース戦線が激化している。BS-TBSが10月からゴールデンタイムに『報道 1930(イチキュウサンマル)』という報道番組をスタートすることになったのだ。同局初の大型報道番組だが、すでにBSでは他局が大型報道番組を看板に据えており、いわば“殴り込み”。地上波では各局が夜のニュース戦線でしのぎを削る中、BSでも熱い戦いが繰り広げられそうだ。

 平日午後7時半からの1時間半にわたって放送される「報道 1930」。メーンキャスターにはTBS系『サンデーモーニング』でコメンテーターを務める松原耕二キャスター(58)が就任。高畑百合子アナ(38)と出水麻衣アナ(34)がサブキャスターとして脇を固める。

 BS-TBSの佐藤秀一編成局編成部長は「テレビの原点に還り、生放送に軸足を置いた改編。BS-TBSの本丸を報道番組で構える。2000年の開局以来の大改編だ」と明かした。

 BSの報道番組は、すでにBSフジが『プライムニュース』(月~金曜午後8時)、BS日テレが『深層NEWS』(月~金曜午後10時)を放送している。ライバルがすでに一定の視聴者を獲得している中で、「1930」が風穴を開けるため、最大のウリとするのが「放送開始時間」だ。

 「『NHKニュース 7』が7時半に終わって、そのままの流れでニュースを見られる。BSフジの『プライムニュース』が始まるまでは、地上波、BSともに報道番組はない。その間に視聴者を増やせればおもしろい存在になる。BSのニュース番組は地上波のニュースでは物足りない高齢視聴者が多く、質の高い報道番組が増えるだろう」とテレビ関係者。

関連ニュース