記事詳細

【玉袋筋太郎 玉ちゃんの酔滸伝】ビートきよし師匠&カルーセル麻紀さんで元気回復!! (1/2ページ)

 酷暑だ台風だと大騒ぎだった8月がアッという間に逃げていき、9月に入りました。8月は水商売にとって「親の敵」ほどの憎い月なのですが、どうにか「スナック玉ちゃん」は乗り切ることができて、ホッとしております。

 8月31日に私のトークイベント「玉袋筋太郎の新宿ラドンセンター」が東京・新宿のロフトプラスワンでにぎやかに開催されました。お客さまにサプライズをという気持ちから、当日までゲストはシークレットにしていました。

 今回のゲストは2人。最初のゲストはビートきよし師匠です。私ごときのイベントにもかかわらず、わざわざ仕事をほうり投げて横浜から駆けつけてくれました。ちなみにお仕事とは芸能関係ではなく、師匠が夏に開催しているビアガーデンのことです。

 「今日に限って団体が入ってるから、終わったらすぐビアガーデンに戻るよ」と平然と語るきよし師匠。まるで近所の喫茶店か雀荘に来たような肩の力が抜けたたたずまいは、剣の達人のそれのようです。

 師匠の登場に会場は一気にヒートアップ。全くテレビで使えない、「コンプライアンス何するものぞ!」という師匠のトークが炸裂(さくれつ)しました。うなずきトリオでの活動から「沈黙の芸人」と言われ、お客さまもすっかりそのイメージで見ていましたが、師匠のマシンガントークで大爆笑に包まれました。

 師匠は自分の出番が終わると、楽屋にも戻らずステージからその足で会場を後にしました。さぁ、後半です。もう一人のゲストは“レジェンド両生類”カルーセル麻紀さんの登場です。

関連ニュース