記事詳細

【聖林裏表】#MeToo女優、セクハラ疑惑で年下俳優に和解金4220万円! (1/2ページ)

 米セクハラ問題の発端となった映画プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン被告(66)から性的被害を受けたと告発したイタリア人女優、アーシア・アルジェント(42)が、未成年だった俳優に性的暴行をしたとして訴えられ、和解金38万ドル(約4220万円)を支払うことで合意していたことを8月20日付の米紙ニューヨーク・タイムズが報じた。

 セクハラ告発運動「#MeToo(私も)」の中心人物であるアルジェントによるセクハラ疑惑は衝撃的で、芸能メディアが一斉に後追いする騒動となった。ちなみにアルジェントの父は、イタリア・ホラー映画界の巨匠監督、ダリオ・アルジェント(77)だ。

 同紙によると、性的暴行を受けたと訴えたのは俳優のジミー・ベネット(22)。17歳だった2013年に米西部カリフォルニア州ロサンゼルス近郊のマリン・リゾート地にあるホテルで被害を受けたとしている。

 同州の法律では、成人が18歳未満の未成年と性的関係を持つことは禁じられている。

 2人は、アルジェントが共同脚本・監督も務めた映画「サラ、いつわりの祈り」(04年)で親子役として共演しており、久々に再会した際の出来事だったようだ。

 ベネットは「(#MeTooで注目を浴びる)アルジェントが被害者ぶっているのが耐えられなかった」としており、今年4月から和解金の支払いが始まった。

関連ニュース