記事詳細

樹木希林さん、幻の書籍構想“目次だけ”の本 もし実現していたら… (2/2ページ)

 樹木さんは、2013年の第36回日本アカデミー賞の壇上で、全身がんに冒されていることを明かしていた。

 「実は夫の内田さんはこのスピーチを報じた記事をみて、樹木さんががんであることを知って驚いたそうです。このとき本当に深刻であれば、内田さんにも伝えていたでしょう」と演劇関係者。

 さらにこう続ける。「樹木さんは先月、大腿骨骨折で入院・手術した際、『ワイドショーで知ることになったら申し訳ない』と自ら内田さんに電話をしています。もしものことがあったら、と樹木さんは『いままでいろいろ悪かったね』と伝えたそうです。死期を悟っていたのかもしれません」

関連ニュース