記事詳細

【シネマパラダイス】ドウェイン・ジョンソン、プロレス仕込みの豊かな表現力は一級品 「スカイスクレイパー」

 こちらの主演もプロレスラー出身。ザ・ロックことドウェイン・ジョンソン。

 舞台は香港の1000メートルの超高層ビル。元FBI隊長だったウィル(ジョンソン)はある事件で片足が義足となった上、陰謀で警察に追われる身になる。そんな中、テロリストに爆破され火の海となった高層階にいた家族の救出に単身乗り出す。ローソン・マーシャル・サーバー監督。21日公開、上映時間1時間42分。

 【ホンネ】マッチョのジョンソンによる隣接ビルから高層ビルへのダイブは手に汗を握る。アクション大作出演が相次ぐジョンソンだが、本作では足の障害、過去の失敗のトラウマ、仕事の悩みなどを抱えながら、試練を乗り切ろうとする男の心理描写も見事に演じている。筋肉だけでない豊かな表情を活かした芝居の表現力はやはりプロレス仕込み。(映画評論家・山形淳二)★★★☆

 ★5つで満点 ☆は半分

関連ニュース