記事詳細

【聖林裏表】「名探偵コナンにマネされた」米人気コメディアンが3兆円要求!? 日米“コナン戦争”の決着は… (1/2ページ)

 日本で「コナン」といえば、多くの人が漫画・アニメの「名探偵コナン」を思い浮かべるだろうが、米国では「コナン」といえば、コナン・オブライエン(55)のことで、知らない人がいないくらいの人気コメディアンだ。

 本家コナンを自認するオブライエンが日本のコナンの人気に“激怒”し、「(模倣された被害の)代償として賠償金3兆円払え」などと要求したことで、日米間に「コナン戦争」が勃発。原作者の青山剛昌さんの生誕地で「コナンの町」として知られる鳥取県北栄町に乗り込むと、日本メディアにも取り上げられて大盛り上がりとなった。

 発端は、8月20日に放送された自身のトーク番組「コナン」だった。オブライエンは「『コナン』をグーグルで検索すると、どこの国でも私が最初に挙がる。だが日本だけが違う。『名探偵コナン』が最上位にくるのだ」と憤慨してみせた。

 主人公の江戸川コナンについて「子供の体にさせられた男が事件を解決する」と説明すると、自分との共通点を「細長い足だし、いつもスーツを着ていて、人に質問をしまくる」と主張し、「過去24年間数兆円の損害を受けた」として3兆円の小切手を送るよう求めたのだ。

 これに北栄町がフェイスブックで「ほしければ取りに来てください」と応じると、オブライエンは訪問の条件を提示。町で一番人気のコインランドリーの名前を「米国コナンのランドリー」とすることなどを求めたのに対し、同町は松本昭夫町長が登場した動画で「1万5000個のハンバーガーを持ってきて。町民全員に配ります」と応戦してみせた。

関連ニュース