記事詳細

佐々野愛美、夏はひきこもり「ゲームして、アニメ見て、寝る」

 グラビアアイドル、佐々野愛美(20)がこのほど、東京・秋葉原のソフマップアミューズメント館で12作目のDVD「ささ蜜」(スパイスビジュアル、4104円)の発売イベントを行った。

 「夏の沖縄は暑かったです。汗だくになって大変でしたけど、天気もよくて、沖縄のきれいな青が見ることができて楽しかったです」

 1メートル54、B89W59H92のGカップボディーを黒の水着で登場した佐々野は、7月に行われた撮影をこう振り返った。同作は、チャプターごとに設定があり、彼氏と旅行したり、会社の上司になったりといろいろなシチュエーションの佐々野が楽しめる。

 見どころに「ビーチシーン」を挙げ、「同級生と一緒にいるって設定で、最初はセーラー服を着ていて、『未成年の主張』みたいに『ワー』って叫んで、そこから海に入っていくんですよ。なかなか見れない姿だと思うのでおすすめです」とにっこり。さらに黒のセクシーな水着のシーンについて、「上司になっちゃって、メガネをかけたりもして、ちょっとSっぽい『ささみお姉さん』って感じで上から目線になっております」とアピールした。

 今年の夏は、「基本、ひきこもっていました。ゲームして、アニメ見て、寝るという素晴らしい生活をしていました。デビルメイクライ4をプレイして、この間のゲームショーで5を体験してきました」と満足げだった。

 11月17日に「TwinBoxAKIHABARA」で佐々野が所属するアイドルユニット「美少女伝世」の1stワンマンライブを行う。さらに11月30日13作目のDVDの発売が決定。(zakzak編集部)