記事詳細

【聖林裏表】ミュージカルのカーテンコール最中に… トランプ再選訴える旗を客から没収した俳優に称賛! (1/2ページ)

 “事件”は、ニューヨークのブロードウェーで公演中のミュージカル「フローズン」の舞台で起きた。

 複数の米メディアによると、出演者が舞台上に勢ぞろいして観客に謝意を示すカーテンコールの最中に、最前列にいた男が突然、「トランプ2020」とトランプ米大統領の再選を訴える旗を掲げたのだ。

 この行動に対して出演者の1人、ティモシー・ヒューズがとった行動が痛快だった。男の手から旗を取り上げると、一瞬のうちに舞台裏へとほうり投げた。

 フローズンは、ディズニーの大ヒット映画「アナと雪の女王」(2013年)のミュージカル版で、物を凍らせる魔力を持つ姉と、その姉を救おうと旅に出る妹の愛の物語。その舞台で男がなぜトランプ氏の再選を訴えようとしたのかは不明だが、場違いなことだけは明らかだった。

 ヒューズは、自身のインスタグラムにこの様子を写した動画をアップするとともに、こう書き込んだ。

 「カーテンコールは、俳優と観客の間で謝意を交わすもので、共有した感動の最後を締めくくるものだ。無礼な男に対して自分がしたことを謝るつもりはないよ。彼はカーテンコールを感情的な政治主張で台無しにしようとしたんだもの」

 毅然とした態度に、「舞台はトランプ氏のためのものではない」「謝るなよ」「素晴らしい」と支持の書き込みが相次ぎ、米芸能誌「ピープル」(電子版)によるとツイッター上にも称賛の声があふれたという。

関連ニュース