記事詳細

SHOGUN40&芳野藤丸45アニバーサリー 「夕刊フジ ロックフェスティバル」第1弾 豪華布陣に700人が大歓声

 オレンジ世代にプレミアムなライブをお届けする「夕刊フジ ロックフェスティバル」第1弾、「SHOGUN40&芳野藤丸45アニバーサリー」が9月30日、東京の恵比寿ザ・ガーデンホールで行われた。

 第1部は結成40周年を迎えたSHOGUNなどのヒット曲を熱演。『男達のメロディー』のイントロが流れた途端に満場の700人から歓声がわき起こり、ラストの『Lonely Man』まで一気に駆け抜けた。

 第2部のFUJIMARU SPECIAL BANDは、ボーカルが杉山清貴、キーボードはミッキー吉野、ギターは是方博邦、ベースはミッチー長岡、ドラムは山本真央樹という豪華な布陣で、山本恭司(ギター)も特別出演。エンディングの『Cross Road』では当日の出演者全員がそろい、ソロバトルを繰り広げた。

 「ギター人生45年。大好きな仲間と素晴らしいコンサートが開けて、僕自身が感動しています。今67歳ですが、みなさんにも喜んでもらえたと思うし、ますます頑張りたい。来年の夕刊フジ・ロックにも出たい!」と芳野。ロックファン感涙の一日となった。

関連ニュース