記事詳細

【外国人が見るニッポン】AI翻訳時代…英語の学習なんて時間のムダ!? (4/4ページ)

■これから英語を学ぶべき人、学ぶべきでない人

 それにしてもすごい時代になったものです。英語の学習をすることですら、今後どこまで機械に頼るべきかを想定して始めないといけないのですから。

 英語を習得していないと国際社会で取り残されるからといって、無理に時間を割いて習得しなければならない時代は翻訳技術の発展とともにいずれ終焉を迎えると思いますが、そんな時代だからこそ英語をマスターしていれば、プラスαのコミュニケーションが出来る強みが出てきます。

 なので、今後英語を学習すべき人、すべきでない人は以下のようになるのではないでしょうか?

【英語を学ぶべき人】

・海外の人に可愛がられ、信頼を勝ち取りたい人

・異性の前でカッコつけたい人

・中途半端ではなくネイティブな英語やニュアンス、笑いを理解したい人

・海外の人と恋愛など深くお付き合いをしたい人

・時間が余っていて何となく英語に憧れている人

・言語学習によって認知症の予防など健康面を意識している人

【英語を学ぶべきではない人】

・海外旅行に安心して行けるようになりたい人

・英語学習のための時間を割くのが難しい人、他に学びたいことがある人

・社会常識程度の英語を把握していれば良いと考える人(受験に必要だ、就職に必要だということは考慮していません)

 僕はこの中では「カッコつけたい人」に当たるのでしょうか(笑)。少なくとも自分の中では翻訳技術がどんなに発展しても、英語を学ぶことに一定の価値があると判断することにしました。これが将来想定をしていないような、とんでもない翻訳機の登場で間違った選択となる可能性もあります。が、人生ってそんなもので何が正解かは分かりません。今は頑張るのみです。

 ところで、英語の学習を始めて気づきましたが、もしかすると周りの日本人の英語力が上がってきたと感じたのは東京オリンピック・パラリンピックの開催が近づいているからだけではないかもしれません。スマートフォン1つあれば超優秀な英語学習ができるようなアプリがあって、電車の中でもいつでも英語の学習ができますし、昔のように学校に通わなくてもビデオ通話で毎日格安で英会話ができるようなサービスがいくつもあるんですね。学習しやすい環境が安く手に入るようになったのも1つの要因かもしれません。

 このコラムを執筆している今日もオンライン英会話をしてきたのですが、先生に好きな食べ物を聞かれ「Pasta!(パスタ)」と答えたところ「No! Japanese food!(違う!日本の食べ物でってことよ!)」と怒られ、あたふたしながらも「Tarako Pasta! Do you know mentaiko?(タラコパスタ!明太子って知ってますか?)」などと言い訳をするというスキルも習得してきましたよ。ちょっと待って!そのレベルなんかい!ってツッコミは無しでお願いします(笑)。

 結論、あたし頑張る!!

■ブラス 1992年4月20日生まれ。ロシアで生まれ、5歳の時から日本に移住。かつては某動画配信サービスで有名配信者であった。現在はサラリーマンとして働く。

Instagram:https://www.instagram.com/buira/

Twitter:https://twitter.com/vlasx

関連ニュース