記事詳細

AKB“超絶美少女”矢作萌夏が“ポン酢愛”を熱弁! 意外な組み合わせに店員も「ちょっと癖になる」と高評価?

 9日深夜放送の「AKBINGO!」(日本テレビ系)で、AKB48の超絶美少女として知られる矢作萌夏(16)が人生初のロケに参加。“ポン酢愛”について熱弁をふるい、番組を盛り上げた。

 矢作は自身が所属するチームKのキャプテン、込山榛香(20)と東京都北区にある十条商店街を訪問。ポン酢に合うグルメを探した。「私ってAKB48イチポン酢が好きじゃないですか」と語る矢作。普段からサラダや目玉焼き、納豆にもポン酢をかけて食べるのだという。

 フルーツ店でキウイを見つけると「矢作家ではいつもサラダに必ず入っているので」とし、キウイにもポン酢をかけていることを強調。店頭にあったバナナにポン酢をかけ、込山が先に試食したが、あまりの甘酸っぱさに「ヤバイ」を連呼。一方の矢作は苦悶(くもん)の表情を浮かべる込山をしり目に「めちゃおいしい」と笑顔を見せた。

 せんべいにもポン酢をかけると、矢作は「ぬれせんべいの進化系みたい」と感激。ジャージー牛のソフトクリームにかけると、矢作は「みたらし団子みたい。結構イケる!」と興奮を隠せない様子だった。

 チーズケーキと合わせてみた矢作は「めちゃめちゃ甘い豆腐にポン酢」とニヤけ顔。店員からも「なくはない!ちょっと癖になる」と高評価を得る結果に。さらにプリンにポン酢をかけると、込山も「カラメルソースみたい」と驚き、「カルピスの味がする」と意外なリアクションを見せた。もちろん矢作も「めっちゃ合う!」と喜んだ。この日、さまざまな食材にポン酢を試した矢作。最終的に、「一番おいしかった食材はプリンです」と発表した。(zakzak編集部)

関連ニュース