記事詳細

【永瀬白虎 アイドルSEXY列伝】須田亜香里、ブログ“じいちゃん話”で力量発揮 (1/2ページ)

 最近は何らかのSNSで情報発信していない有名人のほうが珍しい存在になっています。有名人、人気者は“すべて敵とみなす”アンチも多い時代。不用意なひと言、画像掲載で炎上の恐れもある。そんなリスクと比べてもファンに向けた告知や交流、さらに新規ファンの獲得にもつながるメリットのほうが大きいのでしょう。

 ユーザーは、シンプルさ、わかりやすさに流れる傾向から、写真が主、短文のつぶやきに主軸を置く方が増えています。一方でやや衰退気味に感じるのが、まとまった文章量が必要なブログ。

 過去には眞鍋かをり様、若槻千夏様の文章力やセンスに驚かされたものです。が、ここ最近はそんな有名人が減ったように感じておりました。

 そんな感覚を払拭させてくれたのが先日のAKB48グループ選抜総選挙で2位になった須田亜香里様のブログです。

 『♯週刊新潮と家のじいちゃん』と題されたブログ記事に器の大きさ、ファンへ気持ちを伝える力、タレントとしての力量を感じたのです。

 「写真集が売れていない」「爆死」と酷評された記事にさえ感謝する。

 その理由のひとつが、祖父が天国に持っていった(お棺に入れたという意味でしょうか)愛読誌の『週刊新潮』に掲載されたから。

 ワタクシが担当記者だったら、もういたたまれずに即巻頭グラビア企画を提案します。

関連ニュース