記事詳細

麻世vsカイヤの離婚訴訟は炎上商法!? 芸能関係者「仕事にはダメージも注目集めるためなら」 (2/2ページ)

 2000年からは別居しているが、14年には今度はカイヤとギニア人男性との不倫が発覚。麻世も自宅に女性を連れ込むなどスキャンダルが報じられた。

 それでも、麻世は昨年5月のイベントで離婚は否定。カイヤも同6月のテレビ番組で「川崎さんと一緒に住みたい」と同調していた。それだけに今回の離婚調停は急転直下ともいえる。

 芸能評論家の肥留間正明氏は「子供も成人し、別居も長いことから麻世もカイヤも離婚は織り込んでいるようですが、カイヤはこれまで尽くしたのだからそれなりの慰謝料を…となってモメていると聞きました。双方ともいい大人なのだから離婚で訴訟というのは見苦しく、CMなど仕事の面でもダメージを受けるでしょう。ただ、そこまで読んだ上で、注目を集めるための“炎上裁判”というのなら、大したものですが」と話している。

関連ニュース