記事詳細

全番組降板…阿部哲子アナ、遺品整理で発覚した“W不倫”の大きすぎる代償 テレビ関係者「アナウンサー生命絶たれた」 (1/2ページ)

 体調不良で全番組を降板した元日本テレビのフリーアナウンサー、阿部哲子(39)にまさかのダブル不倫発覚だ。しかも“遺品整理”でバレてしまったというから、何ともおそろしい。知的アナにはダメージが大きすぎるスキャンダルで、その先は暗い。

 阿部は9月末で「梅沢富美男のズバッと聞きます!」(フジテレビ系)、「バラいろダンディ」(TOKYO MX)、「田村淳の訊きたい放題」(同)を体調不良を理由にすべて降板。

 「阿部アナは知的なイメージに加え、“回し”もうまいため、フリーアナの中でも貴重な存在だった。それまで病気の様子もなかったため、異例の降板と噂されていました」と放送関係者は話すが、その根底にはダブル不倫があったのだ。

 11日発売の「女性セブン」によると、2006年にTBS局員と結婚し、09年に長男を出産した阿部は、IT企業役員も務めた50代の男性と2015年から不倫関係となった。そして阿部は17年に離婚し、男性は1年半にわたって闘病していたが、今年5月に死去している。

 2人の不倫疑惑は、男性の妻が遺品整理する中で、阿部との密接な関係をうかがわせるデータが見つかったことで明らかになったという。

関連ニュース